2014年09月29日

今月イチオシのバイナリーオプションサイト

バイナリー60
こんな方にオススメ 初心者 中・上級者 高収益 少額投資
バイナリー60人気の60セカンズに特化した海外バイナリー業者です。入金額も1万円からと60セカンズやバイナリーに慣れてない人も利用しやすい設定です。
ペイアウト倍率が高ければ高いほど確率上投資家の損失は少なくなります。「バイナリー60」は業界一安定したペイアウト率を誇ります。


>>サイトを見てみる



今月の人気ナンバー1は海外のバイナリーオプションサイトの「バイナリー60」

■口座開設無料。(フリーメールでの登録可能。)
■最短60秒短期決済。
■24時間日本語対応オペレーター。
業界1、ローリスクハイリターンと言われるの所以は、500円から取引できる設定金額の低さと、ペイアウトが最大1.99倍にもなる報酬の高さからです。
常に1.99倍ではありませんが、ハイロー型では常時1.76倍〜1.80倍、短期取引でも1.72〜1.75倍と普段でも非常に高いペイアウト倍率で、高い利益率を見込んで投資することができます。
スマホやタブレットにも対応していて、タッチスクリーンで直感的な取引が可能で、外出中でもいつでも取引のチャンスを逃すことがありません。


>>「バイナリー60」のサイトを見てみる

posted by binary-ayashi at 20:14| Comment(0) | バイナリーオプション 安心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイナリーオプションは怪しい?考えられるリスク。

バイナリーオプション取引は確かな金融商品ですから、
得をする可能性もあるように損をする可能性もあることを理解していれば、
取引そのものに危ない要素というのはありません。

しかし稀に詐欺の手口の一つとして
バイナリーオプションの名前を使用している
怪しい取引業者がいるのは確かです。

そのような怪しい詐欺グループの場合、
「リターンが異様に高い」「絶対に勝つ、絶対に損しない」という、
ありえない謳い文句を連ねているところがほとんどです。

バイナリーオプションを運営する会社の立場になって考えてみてください。
バイナリーオプションを取り扱う業者が増えるのには、
もちろんその取引をお客様に行って頂くことで
利益が多少なりともでるからということになります。

勝つお客様の利益を確保するには、
負けたお客様から投資分を頂いているからに過ぎません。

このような経営ができていなければ、その会社は会社として
成り立たないことになるのです。

ですから負けることも勝つこともあるような取引でなければ、
そもそもバイナリーオプションではないのです。

このような甘い話に乗っかって、
莫大な投資額を全て奪われてしまわない為にも、
取引を行う業者はきっちりしたところを選びましょう。

このようなバイナリーオプションではなく詐欺にあった場合でなければ、
バイナリーオプション自体は比較的安全度の高い金融商品だと言えます。

例えば同じ金融商品でFXや株取引をした場合であれば、
万が一損失が出た場合のリスクは計り知れません。

ある程度損失が出た段階でリスクヘッジ
または損切りしなければ、
損失が膨らむ一方となる場合があります。

つまり、たった一回の判断ミスが、
予想外の大きな損失につながる可能性がある
ということです。

しかしバイナリーオプションは投資をする段階で、
予想が当たった場合にどれだけの報酬があるか、

予想が外れた場合にどれだけの損失があるかというのが
はっきりとわかっています。

損失に関しては「オールオアナッシング」ですから、
投資額そのものが負けた場合の最大損失となります。

このような理由からその他の金融商品と違い、
リスクが限定的で比較的初心者が挑むには
安全な取引だと言われているのです。


バイナリーオプションはまだ新しい金融商品です。

様々な高評価や批判が飛び交っていますが、
興味がある場合はまずデモンストレーションをしてみてはいかがでしょうか。

まずはバイナリーオプション取引の様々なやり方に慣れてみて、
それが自分にあうかどうかを吟味してみるのも
安全性を確認することにつながるでしょう。



今人気のバイナリーオプションはコチラ!!!
↓↓↓

【信頼性No.1の海外バイナリーオプションサイト(日本語対応)】
60秒で出来る簡単な取引で現在大人気沸騰中
↓↓↓

いま話題のバイナリーオプションならココがお奨め
バイナリーオプション「バイナリー60」

2chでも話題→【速報】いきなり月収300万超くらいになったんだが使い道なくてワロタwwww

posted by binary-ayashi at 20:12| Comment(0) | バイナリーオプション怪しい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

バイナリーオプションのステマ広告の実態とは?

2chまとめ風ステマ広告

最近バイナリーオプションの2チャンネルまとめ風広告が目立ちますね。
「ニートだけど◯◯万円稼いだwwww」
「バイナリーオプションで一瞬で80万円稼いだwwww」

といったような一見一般の2チャンネルユーザーによるスレのように見える、業者の広告なんですね。読んでみれば分かりますが、丁寧に業者のリンクが貼られていますし、2チャンネルのユーザーにしては偉い丁寧でやさしい・・・。これは怪しい・・・と思ったら業者によるステマの広告と疑ってよいでしょう。

Yahoo知恵袋の自問自答広告

Yahooの知恵袋には様々な質問と回答があり、バイナリーオプションに関する質問もたくさんあります。これに関しても、業者が質問を投げかけ、業者が自身で回答して自社のサイトをオススメの業者として紹介している広告などもよく見かけます。

故自作自演をする必要があるのか

ここで思うことは、“何故自作自演をする必要があるのか”ですね。可能性として考えられるのは、
■同業者によるもの
■利用者によるもの
です。
まず、Yahoo知恵袋の一件を考えてみましょう。業者を誹謗中傷しまくっている人に限って質問している人の特徴として過去の質問数が1つか3つ以内と極端に少なすぎです。そして「詐欺」と書かれている内容に具体的な根拠がないこと。
バイナリーすべての知恵袋内容がそうとは言ってなくて、根拠が書かれていない内容はほとんどそうじゃないかなと思うわけです。
同業者によるものであれば理由は明確と思うのですが利用者によるものは一体何故なのか。
これも個人的な見解になるのですが、おそらくバイナリーオプションで負けてしまった人ではないかと…。
まぁ腹いせですね。
私がそう思った経緯は、回答者・質問者のこと以外に掲示板でも同じ内容を書き込んでいるのを発見したからです。おそらく同一人物であろうと思う書き込みがあって中には違反行為で消されているものもありました。

また、基本的に人というのは良い出来事よりも悪い出来事のほうが人に教えたいという気持ちが強く働くらしいです。
ここで言う“悪い”というのは、その業者で負けて納得いかない状態です。
パチンコでも負けて台を叩いている人っていますよね??
それと同じ状況です。
どうにかして納得いかない気持ちを晴らさないと気がすまない。そして考えた結果、そういった行為を行うのではないかと。これはあくまでも私の推測なんですけどね、何となく気持ちが分かるのでそうじゃないかなと思いました。

利用者が多いサービスほどウソの情報が多い

Yahoo知恵袋のような有名サイトは非常に役立つ反面、ウソの情報も結構多いものです。
先走りで詐欺・悪徳と書いてしまってそれが編集できないようになったまま内容が残っているのでさらに勘違いしてしまう人も多いみたいです。実際私もバイナリ−オプションを始める前に情報収集をしていたとき事実異なる情報を信用し過ぎて困ったことが多々あります。。
ですので掲示板、知恵袋など不特定多数の人によって成り立っているサイトの情報はあまり信用しすぎないことです。

ウソの情報に流されないためには?

インターネット上にあるウソの情報に流されないためには、やはり自分で確かめることです。私も攻略法や評判をよく調べたりしますが、書かれている情報は参考程度にして自分で試して検証することにしてます。

やはり実際に自分で検証・実践してみないことには真実は分かりません。今はインターネットを使えばさまざまなことを知れて便利ではありますが、中には間違った情報も沢山あります。
皆さんもあまり他人の情報に流されないようにしてくださいね!



今人気のバイナリーオプションはコチラ!!!
↓↓↓

【信頼性No.1の海外バイナリーオプションサイト(日本語対応)】
60秒で出来る簡単な取引で現在大人気沸騰中
↓↓↓

いま話題のバイナリーオプションならココがお奨め
バイナリーオプション「バイナリー60」

2chでも話題→【速報】いきなり月収300万超くらいになったんだが使い道なくてワロタwwww

posted by binary-ayashi at 19:07| Comment(1) | バイナリーオプション ステマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。