2014年09月05日

バイナリーオプションは危ないギャンブル?

バイナリーオプションはFXや株式と同じ立派なトレードの一つですが、最近アフィリエイター達による派手な広告が目立ちます。

これによって怪しい感満載なイメージが出来上がりつつあります。

今のところ世間では目立った被害は聞きません。
バイナリーオプションには国内と海外の2つのタイプがあり、最近注目されているのは海外のバイナリーオプションです。

国内のタイプのものは昨年からあったのですが、規制により短期取引ができなくなっています。規制適応外の海外のバイナリーオプションであれば、30秒や60秒といった短期の取引が可能なため人気です。

結果がすぐに出て比較的予測もしやすいことから投資に手を出しことのない素人でも勝てる可能性が十分あることで人気を集めているのでしょう。

素人による利用が多いために危険性や利用に伴うリスクを十分に理解できずに大負けしてしまう人も増えています。

ただし、勝てている人が多いのも事実。しかも専門的な知識が無くても莫大な資金を手に入れることが出来るので今利用者が急上昇中です。

それ故、過剰な広告が増え、今ネットで騒がれているのです。遅かれ早かれ海外のバイナリーオプションも規制が入ることになるでしょう。

海外のバイナリーオプションを始めるなら今がチャンス、今が稼げるチャンスだ、とばかりに増えています。

理解しておいていただきたいのは、バイナリーオプションは「簡単に稼げる」というワケでは無いということ。専門的な知識が無くても「簡単に利用できる」ということと履き違えないようにしていただきたいのです。

損をしてしまう可能性もあり得るということだけ理解して利用するようにしましょう。

あとは海外のバイナリーオプションは外国為替送金になるため、出金にも多少時間を要します。悪徳業者にひっかからなければ出金がされないということは無いでしょう。

業者選びにも慎重になる必要があります。とは言ってもどういう業者が悪徳業者なのかもよく分かりませんよね。

悪徳業者の特徴

海外の悪徳業者の特徴は、投資業界では、絶対の利益などありません、大手業者ですら宣伝に活用する紹介は勝率の高さや、サービスの利便性のことについての方が多いのに対して、悪徳業者は利益の高さや、確実な勝利の保障など、投資をする上で不安要素でもある部分を保障してくれるようなサービスを展開している様に宣伝を行なう特徴があります。

その理由として悪徳業者では、実際に入金したお金の返金をしない、もしくはできない取引に対する充実性がないなどの問題ばかりを抱えていて、一度入金を行なうと返金は無いと考えることが早いです。

なので、できるだけ、金銭面でのメリット性を押して利用者を集めて、入金をさせるまでが悪徳業者の手口です。その後の取引での利益を求めていないからこその過剰な宣伝ができるので、あまりご自身に都合の良い過剰な宣伝を行なう海外のバイナリーオプションは控えてください。




【信頼性No.1の海外バイナリーオプションサイト(日本語対応)】
60秒で出来る簡単な取引で現在大人気沸騰中
↓↓↓

いま話題のバイナリーオプションならココがお奨め
バイナリーオプション「バイナリー60」

2chでも話題→【速報】いきなり月収300万超くらいになったんだが使い道なくてワロタwwww

posted by binary-ayashi at 20:10| Comment(0) | バイナリーオプションの危険性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。